Dai's Great Adventure

30歳、海外でコンサルトして働いています

酔っぱらって帰って来たのでつれづれと。

インドに来て3ヶ月がたった。
ほんとーに一瞬だった。めっちゃくちゃ密度の濃い毎日と、気がつけば過ぎていく日々。自分は何のためにここにいて、なんで働いてるのか。そんなこと、正直考えてない。単に毎日忙しくて、同僚は素敵で、先輩もかっこ良くて、それだけで満足な3ヶ月だった。

3ヶ月経って何か自分に変化があったか?と言われると正直あんまないかもしんない。生活に落ち着きは出て来たけど、まだまだ毎日やらなきゃいけない仕事は死ぬほどあるし、やりたいこともある。インドの観光も全然できてないし、読みたい本も死ぬほどある。
自分が3ヶ月前よりできるようになったとも思わない。

ただ、あえて3ヶ月で何かが変わったと言えるとすれば、、

多分ね、前より少しだけ正直になった。
やりたいことはやりたいし、そうじゃないことはそうじゃない。
それを前面に押し出すかどうかは別としても、自覚はできるようになったかな。

あと、なんつーか、人との距離感がとても心地が良い。
一緒に住んでる同僚とは、今までほとんどしゃべったことがないようなことも赤裸々に話してる。お互い出張前だろうが、だいじな仕事前だろうが、一杯のビールを飲んだら止まらないから、飲みだしたら話が止まらない止まらない。
こんだけまじめに、互いの考えをぶつけ合うって実はこの家を3年ごとかに出たらもうないのかもしれない。
そう言う意味では、オレはこういう、正直に本当に正直に思ってることを話せる人と一生生きてくのかもね。

仕事に関しても、また今まで働いたことない先輩と働く機会をもらった。
正直めっちゃしんどい。けっして凄く効率が良い働き方をする方ではないけど、彼の仕事に対する哲学や方法論は盗めるとこは盗もうと思う。

 

総じて、今年も数ヶ月、一瞬で終わるんだろうな。
途上国だし、テロも身近だし(この前ジャカルタ出張でテロが起きた1km先に泊まってた)、おれはいつ死ぬかもわかんないけど、日本で成長がなくゆるやかに死を待つより(と思いながら生きてくより)この、何が起こるかわからないし、なにか起こるのかもわからないこの国で生きてくことをオレは選ぶ。

 

酔っぱらって何かを書こうとするとこうなるね。