Dai's Great Adventure

30歳、海外でコンサルトして働いています

マインドセットの変化。災害。


フィリピンで大災害が起きました。普段ならひょっとしたら、単なる世界の一ニュースと聞き流していたかもしれません。しかし、今年の夏僕はフィリピンのセブ島・レイテ島で仲間と素敵な時間を過ごしました。多くの人々と話をして仲良くなりました。

 

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131111-OYT1T00594.htm

 

最も被害を受けたレイテ島は決して金銭的に豊かな島ではないけど、豊かな時間を過ごせる島でした。
ニュースを見るたびに、心が痛くなります。日本にいる僕にできることはひょっとしたら多くはないのかもしれませんが、今日募金をしてきました。神社に祈ってきました。これでできることはやったかな、と行動したあとに思いました。まだやってない。この思いを周りの人に共有しようと。

皆さま、僕も皆さまと同じように、自分の目の前の暮らしのほうが世界のどこかのニュースなんかよりよっぽど大事で、すぐにニュースを忘れてしまう人間です。
ひょっとしたらレイテ島にいる人達も同じかもしれません。
でも、僕達日本人は3.11の時に世界中の国に助けられました。同じことをお返しすることは個人のレベルでもできるような気がしています。
少しでも、彼らのことを考え、できたら1000円でも募金をしていただければ嬉しいです。

日本からフィリピンの皆さんが一刻も早く、通常の生活に戻れるように、そして亡くなられた多くの方々、家族をなくした方々に祈ります。


--------------------------------------------------------------------------------------


という内容をFacebookに書いた。

 

1.ここ最近の学びと合わせて心の動きを推察

昨日からレイテ島の災害のことは知っていて、とにかく無力感と使命感にかられていた。

日本に住んでいて直接彼らの役に立てない自分の無力感、日本に住んでるからできる金銭的援助をしなきゃという使命感。

今日は朝から募金先の選定と情報入手でとにかく何かしなきゃと思っていた。

朝一で一万円募金をした。赤十字に5千円、NPOに5千円。その後ランチタイムに目黒不動尊にお参りに行き、彼らのために祈った。

帰り道に考えていたのは、これでおれのできることは全部やったのかな?という思い。

で、やってないなと思ったので上の文章をアップした。

つまり、僕が募金できる金額なんてたかが知れていて、多くても10万という単位。でも、僕が情報を流して1000人の人が1000円募金したらそれで100万円になるんだ。ってことがわかってて、自分の信条を周りに押し付けたくないとかいう理由でやらないのはなしだと思った。

 

自分の成長と結びつけると。

最近、先輩のコーチングを受けて、どうも僕はすぐに人を2つの極のどっちかに選別して、ネガティブな人たちには一度チャレンジして、思うような結果を得られないとすぐに諦めるという癖があることを知った。

つまり、心のなかで、”人は変われない’と思ってるんじゃないのと。

そういうあり方で生きていきたいのかを考えてたら思った。俺は”人は変われる”と思うし、人は愛に満ちてると思うし、人はなんだってできるし、それを信じている。

であれば、Faceboookに書いても誰も見ないしなんて思わず、自分の考えをただ正直に書いて一人でも感じてくれればいいんじゃないのかと思って、こんな恥ずかしい文章を書くことにした。

すごく自分にとってはエポックな出来事だと思う。

 

”人は変われない”って思って生きていたくない。人は変われる。俺も変われる。