読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dai's Great Adventure

30歳、インドで働いています

会社辞めて一ヶ月たった。内定をもらって考えたこと。

やっと一社内定が出ましたー。外資医療機器の営業で英語が出来る人を探していた会社。

会社としてみるとグローバルで2番目に大きい医療機器の会社(2017年追記:メドトロニック)で、日本法人の規模も拡大中。同じくらいの規模の会社を買収してたりかなり景気は良い様子。

ただほんとにここで働くのかなあという、うっすらとした不安もある。

 

※2014年10月追記

結局、内定を断りました。多くの友人や先輩たちから辞めた方がいいとなぜか言われたことと、自分自身なんだかしっくりこない感じはあったので入らないて良かった。

後から考えると、ここで働いても今までと同じようなメンタルモデル(誰かのために働いて、自分を制限して嫌になっちゃう)でいる限り同じような人生を繰り返してしまうなあということがわかります。当時はそこまで言語化できていなかったんだけど、友人の勘や自分の勘に感謝してます。

入らなかったけど、この会社自体は働くならとても良い会社だったと思う。待遇もさることながら僕に凄く期待をしてくれていたので。一緒に働きたいと言ってもらえて本当に嬉しかったです。ありがとう御座いました。

 

(2017年5月追記:う〜ん、自分の感覚に従って行きている人なんだなこの男は。金も本当に良かった。あの当時の自分に1,000万以上の年収を提示してくれたのはここだけ。でも、行かないっていう決断をした自分を褒めてあげたい。その後1年間マジでしんどい思いをしたけど、後悔はない。自分に準じていること、中々普通の人にはできないよ。今の上司からも、大はいつでも大事なものを捨てられるところが強みと言われたが、オレの言い方で言うと、基準が自分の中にあるってことだと思う)