Dai's Great Adventure

30歳、海外でコンサルトして働いています

就活後の生活、くそったれな自分を記事にしておく

就活が終わってからクソみたいな生活を送っている。昼まで寝てて起きてからネットして夜から飲みに行って朝まで。→昼まで寝て…エンドレス

これはまずいとおもいつつもベッドから出ることができない自分にいらだちを覚えるしすごく情けない気がする。ほんとにクソだな。

というわけで、どうすればこのクソな自分を変えることができるかを考えました。

を読んで実践しようと思いました。

 

1. 時間配分を変える

起きてからすぐネットをさわる生活を変える。ネットは家帰ってから夕ご飯までの時間だけにする。

はっきり言ってネットをやって得られるものよりも他のことをやった方がずっとまし。ネットはおれの生活を豊かにしたと言うよりだめにしている。当然悪いのはおれ。

 


2. 自分の意思を弱くするものから遠ざかること
(住む場所を変える)

 

毎日家を出るwこれを読むとだいぶひどい人間だと思うけど、おれは家を出ないでも全然半年ぐらい過ごせてしまうことは証明されているので自分で出ると決めなきゃだめだ。これからは毎日家を出ます。行く場所は学校、バイト先、空手。

 

3.付き合う人を変える

 

興味ない人と飲みに行かない!合コンであったことわざわざそのあと律儀に飲みに行くのは、いいなと思ったときだけにします。

 

今日このように考えることができたのは同期から電話をもらったから。同期が同期になることに決めてくれてまじ嬉しい!しかもあいつの電話を受けたときおれは、自分だめだなあと思いながら寝てて、あいつから「おまえ就活終わったら何やるの?」と言われて答えられなくてめちゃくちゃ自分を恥じて、モチベーションが上がった。入社前の段階ではおそらくおれの方があいつに劣っている部分も多いけど、絶対に負けちゃいけないと思う。そう思える同期に巡り会えて本当に嬉しい!この一年は絶対にあいつよりも、つまり誰よりもおれは充実した一年を過ごす!

 

(2017年5月追記:同期とはその後も年に一回飲むか飲まないかだけど、今の自分は彼がオレより優れてるとは全くおもってないなあ。彼も同じこと思ってるかもだけど。つまり、明らかに僕らは違う道を歩き続けてここまで来たってこと。彼の結婚式で「大ちゃん、これが幸せやで」って書かれてた。オレには今もその感覚は分からない)