Dai's Great Adventure

30歳、インドで働いています

「500日のサマー」ふられたことのある男なら共感できるはず!【ネタバレ有り】

ある日トムは新入社員のサマーに恋をした。サマーとの500日のお話。

見始めてすぐ分かるから書いてしまうと、ようは失恋した男がどうやってそれを克服していくかという話し。時系列がうんぬんってのもべつに分かりづらいものではない。

では感想を。

 

(以下ネタバレあります、注意)

 

なんつーか、やりたいことがあるのにやらないでいる、なよなよ男子なんてもんに惚れるかよ。ただ、トムにはめちゃくちゃ感情移入してしまった。何で振られるか分からないって状況は何度も経験済みなんで。

小西克哉さんか宇多丸さんかが言ってたけど、

この話しは「自分にとって相手は運命の相手だと思ってたけど、相手にとっては自分は運命の相手じゃなかった」

ってこと。これにつきる。マンガ「恋愛的瞬間」を思い出した。

 

おれはそもそも運命なんてもんを別に信じてないけど(つまり初期サマー状態)これってよくあることじゃね?別に恋人じゃなくて友人でも、なんか思ってた人と違ってたっていうことはよくある。ほんとは自分の思い込みが悪いんだけど。そこで、サマーは別にトムのせいにはしていないんだけど、トムはサマーのせいに一時的にしている。だけど、そっからサマーが悪いっつーか自分にも問題があるよねと気づいていく。

 

最終的にトムが、自分のずっとやりたかった建築の仕事を求めて就活をするさまや、綺麗な女の子に出会って自分でチャンスを作り出していく姿はとても好印象で、彼のことも好きになれる。とてもいい映画だと思う。

 

一点気になったのは、家族の愛情を知らないサマーが

ある映画を見て号泣したシーン。

あれなんだろ?

愛を信じることが出来ない自分を少しは不憫に思ってたのかな?

その後のトムとじゃだめだってことはまあ理解できる気がする。

 

あと、サマーは、マンガ版「ボーイズ・オン・ザ・ラン」のちはるに比べるとだいぶビッチじゃないでしょ。

そもそも、本気のおつきあいはできないって宣言してるし、きちんと別れてるし、最後の別れのセリフについても、おれは許容範囲。

 

最後に、トムみたいな口論してて、激高して帰るような態度はよくないよね。

 

 

 

気をつけましょう。

 

(2017年5月追記:この映画は本当に大好きで今もみたくなる。最近観た、「La La Land」でも思い出した。あるライターの方の文章がとても好きで、「500日のサマー」について 語っているのでリンクを貼っておく)

signof.me