Dai's Great Adventure

30歳、海外でコンサルトして働いています

自分の小さな「箱」から脱出する方法

これは確かにすごい本だ。ある友人から紹介されたんだけど、正直一度読んだことがあったのであまり期待せずに読んだ。

 

読んでるうちに、自分が働いてきた2年半がすごく頭に浮かんできた。

自分が「箱」に入ってたから、一年目の上司のことを必要以上に悪く捉えていなかったか?そして今は?自己欺瞞っていう恐ろしい病は「自分は悪くない!」と思わせてくれるからとてもこわい。初めての上司に指摘されていたことはまさにこれだ。客観的な状況はともかく、自分が「相手が悪い」とか「環境のせいで」って考えちゃったら、絶対に成長できないし、同じ失敗を繰り返す。どこにいても。

 

会社の先輩がまさにいま「箱」に入っている。とにかく自分を守って、他人が悪いと、だから自分は活躍できない。これってまさに1年目の俺だし、「箱」に入っている状態だ。「箱」に入っていることを自覚することはとてもむずかしい。知識があっても。そういう人に僕は何をできるんだろう??

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (420件) を見る