読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dai's Great Adventure

30歳、インドで働いています

とても個人的で恥ずかしい話。

いっつも人から言われていたことがやっと腑に落ちた。

 

僕は人とはなしてても、常に主語が「I」だったんだ。

相手に何かを尋ねる時も、背景には「(おれは〜が好きだけど)なにがすき?」とか「(おれは京都が好きだけど)どこが好き?」とか。

で、返答に関わらず自分の話をする。

とってもひょんなことから気がついた。気になる女の子とメールしてて、それを後で自分で見てみたら、全部この調子。あ〜これは根本的にもてないなと自覚した。

だって常に自分が一番なんだもん。しかも、そのくせ相手のこと気にしてますオーラだすんだもん。

これは結局、「言行一致」度が、女子に対してだけ低いってことだと認識した。

ここで、僕に取りうるのは一つ。

「言行一致」するために、「別にあなたのことそんな気にしてません。おれが一番なのはおれです」ってのを言動から出す。(背景として、言行一致感は見破られるってのがある)

いや〜人から言われてるうちはなんも気づかないけど、やっぱ、人生ひょうんなことから気づけることってあるんだな。

31になってまだまだ精進ですな。