読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dai's Great Adventure

30歳、インドで働いています

来月からインドに行くことにしました。ナマステ〜

ひょんなご縁を頂いたので、来月からインドで働くことに決めました。

 

ちなみに世界30カ国くらい旅行行ったことあるはずなんだけど、なぜかインドはなかったので初インドで現地に住んで働くってことに。色んな人からインドのひどい話しばっかり聞かされるんだけどまあ話半分で聞いてあとは体験するに任せます。

 

(おおまかな人生の経緯)

 

中学校3年生14歳の時、イギリスに2ヶ月間サマースクールで行った。最高に楽しかった。

日本にいた時よりよっぽど自分らしさを出していいって思えた。

つたない英語だったけど、世界中の国の子供達と仲良くなれたのは、言語じゃなくてわかり合えるもんがあるっていう原体験として覚えている。大人に対しても、日本ではなにを言っても生意気だと言われ対等に話せなかったのに、言いたいことを言ってそこから議論を発展する会話があるってわかった。

 

高校は絶対に海外に行こうと決意して帰国。親と話しあったが、当時は経済的問題も有り断念。(イギリスの私立だと400万円/年かかるから今思うと当然)

当時はめっちゃ悔しくて泣いた。

そして、このことをそれから15年近く後悔してた。

というのは、この後定期的に親も調べてくれたり自分も調べたりして、高校2年〜高校3年までの2年間海外に行く奨学金みたいなのを見つけたのに、仲のいい女の子とか友達と別れるのが嫌で受けなかったから。(ほんとは、私立の名門校を途中で退学するというレールを外れる行為が怖かったのかもしれない)

 

大学のときは、2浪してたから就職で新卒採用で受けられる会社が減るのがいやで留学を断念。(学部が特殊で留学すると単位を取れなかった)

英語だけはずっと勉強してた。留学生向けの授業を大学に頼み込んで一緒に受けさせてもらったり、英会話学校行ったり、毎日通学電車でcnn english express聞いてた。そのカイあってなんとか英語はしゃべれるように。

 

マースで働く時も、採用してくれた方から、「佐々木君は複数年海外にいったら化ける可能性がある」と言われて嬉しかった。(化けるってなんだってのはおいといて)

働きだしてからも、絶対に海外で働きたいって人事や上司にはずっと言ってた。

 

今回一人で仕事して、これはきついなと思った時に、ふとRGF(リクルートのアジア就職用サービス)に登録した。どこの国で働きたいって明確な目的があったわけじゃないんだけど、たまたま連絡をくれたのがインドだった。1個だけ案件が添付されたメールを見ると、コンサルとして現地採用で働くというもの。なんかわかんないけど、自分がインドでコンサルトして働いてることを考えたら、めっちゃくちゃ楽しそうだなって思った。んでアプライして、1週間後、来日してた現地の副社長/社長と面接してその後インド人との会話テストを経て採用決定。これも何かの縁ということで、来月から行こうと思ってます。会社名は出すとめんどくさそうなので書きません。

 

この後、めっっっっちゃくちゃ魅力的なオファーを他の会社からももらいました。

日本のインターネット業界の真ん中に躍り出る可能性のある会社で組織開発をやるというポジションです。仕事的には今までの自分のやって来た事ど真ん中だし、大好きな会社に携わって日本のインターネット業界を熱くさせる仕事でかなり迷った。お給料もよかった。

 

35だったらやってたかもしれない。

奥さんがいたらやってたかもしれない。

親が病気だったらやってたかもしれない。

 

でも、今んとこ、彼女もいないし、親も元気だし、日本にこれといった未練もないので他の国に飛び出すなら今かなと。異国で住むと、日本のコンビニとか親の料理とか畳で寝る感覚とか友達と飲んだ時間とか、色々と恋しくなるのは目に見えてるんだけど、今なら行けるって思う。

30歳住所不定な人になる。

 

14年前にレールを外れるのが怖くて、賢い人間でありたいって思ってた僕だけど、今はそれより自分が「こっちに行こう」って思った道に進めるって信じてる。

 

(これからへの抱負)

ずっとけりをつけたかった、海外で住む/働くってことにチャレンジをします。ほんっっとーーーーに嬉しい。

 

で、向こう5年くらいはこの会社@インドでめちゃ働いて、拾ってもらったご恩を返す。英語がしゃべれるだけで海の者とも山の者ともわからない人間を拾ってもらったこのご恩を。

 

んで、次の5年はまた別の大陸で働こうと思う。ヨーロッパ(特にイギリス)もアフリカも住んで働きたい。いっろんな文化を5感で感じて経験して生きていきたい。

 

幸い(?)、僕が働こうと考えている会社は極めて能力主義な会社らしいので、結果を出し続ければ道は開けると信じている。

 

ちなみに、今回掴む予定なのは、

 

①異国(インド)で暮らす体験

②英語でネイティブとチームを組んでコンサルトして働く経験

③それなりの給料

④インド駐在の日本人とのネットワーク

⑤現地のめちゃ賢いインド人とのネットワーク

⑥同僚からの信頼

 

これらをきちんと積み重ねていった先に、次の大陸が待ってると思う。

なんにもショートカットはないみたいだから、愚直にスマートに進んでいきます。