読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dai's Great Adventure

30歳、インドで働いています

インド就職を決めるまでの流れや、不安と希望について

【インド就職を決めるまでの流れ】

・9月3日にRGF(リクルートのアジア就職支援会社)に登録

・9月4日インドから連絡有り

・9月10日就職する会社から面接の連絡有り

・9月16日に一次面接、その場で次の面接の約束

・9月19日に現地社長と二次面接、次回英語力チェックをして内定

・9月21日にパワポ作成テスト(3時間であるお題を与えられてチャートを創るというもの。きつかった。。このためにWindows入ってるPC買った笑)

・9月22日に英語力チェックで現地の社員と電話

・9月25日に内定

・他にも2社ほど内定していたので一週間待ってもらい9月31日にオファーレターにサインバックして転職活動終了

 

【内定をもらってから決めるまで】

直感的にはすぐに、インドで、この会社で働こうって思ってた。

つれづれにその理由を書いてみる。

 

・まず面接でお会いした日本人が二人とも超いけてた

頭がいいし、人間的にも魅力的、フランクだし志もあるみたいな。いわゆる僕の考えるいけてる大人だったのだ

 

・インドで数年働いてから、他国で働くというキャリアパスを提示してもらえた

別にそれは約束手形では全くないけど、そういう可能性があると思って仕事を出来るのが幸せだと思った

 

・”経営”コンサルをちゃんとやりたいと思った

他に内定してたのは事業会社の事業戦略とか組織戦略の仕事だったのでちょっと経路が違った。組織開発のコンサルは一年弱やって、”コンサルタント”っていう職種に関しては少しわかってたけど、”経営コンサル”は知らなかった・そして一番王道なので学生時代からやりたいと思ってた

 

・今しかないと思った

5年後には似たようなチャンス(海外で新しい職種で働くこと)は少ないし、家庭の事情とか諸々考えると今海外に行かないともうチャンスないなって思った

 

・インドで働くって超クールだと思った

これから10年〜20年を考えると中国と並んで世界の市場となる事が確定している。世界中の多国籍企業でインド人が活躍している事などから世界で働いていく事を考えると違う世界が見えそうだと思った

 

一応不安な点ももちろんあったのでそれも書いておく。

 

・コンサルとして一流になれるのだろうか?

・インドしんどすぎて帰りたくならないかな?

・首になったりしないかな?

 

これらは考えたけどすぐに、「まあやってみなきゃわかんないし、少なくとも今は大丈夫だと思うので目の前に全力でぶつかるだけじゃない?なにより、今チャレンジしなかったら絶対に後悔する」って考えて、結局働く事に。