Dai's Great Adventure

30歳、インドで働いています

この一ヶ月の流れを振返る

7月頭に、プロジェクト単位でxxの仕事を引き受けるのではなく自分の好きに生きようと決めた。その後、Miちゃんと話し、ケニアに心ひかれている自分を思い出し、ケニアに行くかな〜って思ってた。

 

この時期いろんな人に出会い影響を受ける。

 

特に、MiyaさんとHaruからは凄く影響を受けた。一線で働いている起業の経営者の醸し出す在り方におれも自分らしくこういう在り方になれるなって思った。

Muさんに金返さなきゃいけないって予定も相まって、とにかく一人でやれるなんらかのビジネスをやろうと決意。この時期読んでたのは、『1万円起業』と『夢を叶えるゾウ』ほかそういう関連の本。スモールビジネスなら自分でも出来そうだなあという事で、ペットロス専門の獣医とか考えてた。

 

で、大学生の時から縁の深いベンチャー→コンサルに行ったMYと話してたらなぜか起業してビジネスをやる事に。彼に紹介してもらったインキュベーションマネージャーやら、メガベンチャー経営企画部長だった人とかと話してるうちにその気になる。

 

気づいたら、自分でスタートアップをしようって思って今ここに至る。

7月の一ヶ月で信じられないくらい自分の決意も変われば、気持ちも変わっててめちゃ面白い。昨日は落ち込み今日は浮かれ、変わらないのは「自分らしく生きていく」って決めてることだけだ。

 

1ヶ月の間にいろんな人と会ってて、「自分にとって今必要ではない人や飲み会」がわかるようになった。人間的に好きだけど、”今この瞬間”を一緒に過ごすかどうかはそれとは別なんだなって思った。自分の人生の中でめーーっちゃ楽しみなこれからの5ヶ月は、会う人と会わない人を明確に区別していこうと思う。自分の中でその基準は、「自分の基準で人生を生きてるかどうか」かなと思う。この基準が外部にある人と話すとすげー力を吸い取られるような気持ちになる。あとはその外部の基準が正しいでしょっていう正当化な雰囲気を感じてめんどくさくなる。

 

よし、気づいたら元のビジネスアイデアが形を変えてはいるけど、β版でスタートアップしよっと。